• ナイフカット・プロッタ用 アイロンプリントシート
  • ヒートカット・レーザーカット用 アイロンプリント生地
  • 溶剤インク/昇華転写用 プリント&カットメディア
  • カット機/プリンタ プリント&カット機
  • 熱プレス機
  • 製品を動画でみる
  • よくある質問
2019年 10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
今日
2019年 11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

熱転職人の店 定休日

  • HARIRON
  • ローランドDG
  • ミマキエンジニアリング
  • エプソン販売について
 

各ブランドについて

各ブランドについて

ハリロンについて

“ハリロン”とは?私たち株式会社宝來社のブランド名です。 私たち宝來社は、マーキング、プリント熱転写材料の製造メーカーで1963年8月に創業し来年50年を迎えます。

長きに渡り培われた「熱転写メディアの材料作り」「熱転写ノウハウ」「転写、カットの機器類」すべてハリロンブランド独自の高度な技術と豊富な知識を用い、お客様のご満足、ご納得のいく商品作りを心がけて日夜研究を重ね、進化する接着物と一進一退を繰り返してまいりました。

現在ではスクリーン・プリント業界、アパレル業界、スポーツ業界、刺繍業界、学販業界とさまざまな業界で活用いただいております。 特にスポーツ業界では確固たる地位を築き上げ“信頼のハリロン”といわれるほどに成長したのも ひとえにお客様のご要望にお答えする企業としての取り組みがあったからこそだと自負しております。 歴史は植毛プリントから始まりました。スポーツ競技のマーキング(番号やチーム名)を夜な夜な縫い付けを行っているスポーツ小売店からお声をかけていただき、マーク用の生地に熱で溶ける接着フィルムを開発・商品化にしたことにより、縫い付けから圧着の時代へと劇的な変化をいたしました。さらには、自動でマーク生地を裁断する「オートカッターAC5030」で手作業カットを自動裁断させることにより、「マーキングのデジタル化」に突入いたしました。また対接着物におきましても日進月歩めまぐるしい勢いで進化する素材に対応できるようフィルムの開発やラミネート方法の改良、作業性の向上など日々研究を重ねより良い商品やノウハウを築き、常にお客様が安全に、安心してこのハリロンの熱転写メディアをご使用いただけるよう心がけております。 是非、ハリロン熱転写メディア、ハリロン転写機・関連商品をお試しください。

画像 DX−CS サブリックスクロス
マークナビ 商品画像 商品画像

ローランドDGについて

ミマキエンジニアリングについて

エプソン販売について

  • 熱転加工マシーン
  • お問い合わせ
  • よくある質問